ブログ

福祉用具貸与 例外給付について

こんにちわ

今回は介護保険の例外給付について少し触れてみたいと思います

要支援者及び要介護1の者の福祉用具貸与については、
『車椅子、車椅子付属品』、『特殊寝台、特殊寝台付属品』、
『床ずれ防止用具』、『体位変換器』、『認知症老人徘徊感知機器』、
『移動用リフト』に対しては原則的に算定できません

ですが例外的に福祉用具が必要な状態にあると該当すると
認められるものを、給付対象と認めるというものが例外給付です

ではどのような状態が福祉用具が必要な状態にあると認められるのか
いくつかの条件があります

 

◎ 一つ目は福祉用具が必要と判断されるものの類型です。

類型A
疾病その他の原因により、状態が変動しやすく、時間によって告示で
定める福祉用具が必要な理由に該当する。

類型B
疾病その他原因により、状態が急速に悪化し、短期間のうちに告示で
定める福祉用具が必要な状態になることが確実に見込まれること

類型C
疾病その他原因により、身体への重大な危険性又は症状の重篤化の
回避など、医学的判断から告示で定める福祉用具が必要な状態である
と判断できるもの

 

◎ 二つ目として福祉用具別にに応じての条件です。
車椅子、車椅子付属品
1.日常的に歩行が困難なもの
2.日常生活範囲における移動の支援が特に必要なもの
特殊寝台及び付属品
1.日常的におきあがりが困難なもの
2.日常的に寝返りが困難なもの
床ずれ防止用具及び体位変換器
1.日常的に起き上がりが困難なもの
認知症老人徘徊感知器
1.意思の伝達、介護を行うものへの反応、記憶又は理解に
支障があるもの
2.移動において全介助を必要としないもの
移動用リフト
1.日常的に起き上がりが困難なもの
2.移乗が一部介助又は全解除を必要とするもの
3.生活環境において段差の解消が必要と認められるもの

これは直近の基本調査に基づいて該当していなければなりません。

上記どちらかににプラスして
・主治医の意見書による用具の必要性の示唆
上記のA~Cに該当している所見が必要

・サービス担当者会議を開催して用具の必要性を議論する場を開催し
福祉用具が必要なことがケアプランに盛り込まれている

この条件を満たすものを市町村に申請して
市町村の認可が出て晴れて例外給付として認められます

市町村によっては申請の仕方や内容が若干変わるかもしれませんが、
基本的にはこの条件を満たさなければ認められないということです
お近くの市町村の介護保険課で問い合わせることが出来ます

介護度が低くても身体状況が利用者それぞれなので、利用者の
身体状況に合わせて安全な生活を送れるために
福祉用具をお使いいただくことが大事だと思います

ページ上部へ戻る