ポータブルトイレ「住環境の問題とその効果」

2006年10月30日 株式会社ヘルスケア


 週末は天気もまぁ良く
お出掛け日和ではなかったでしょうか?

次の3連休はどこもかしこも渋滞でしょうか??

        

さてさて、今日もまた
≪ ポータブルトイレの導入事例と選び方 ≫の続きです

2【 住環境の問題とその効果 】について


①同じ階に便所がない

  ⇒夜は、介助が出来ず、紙おむつをしていたが、
  室内のポータブルトイレを使用することで安心感から
  自分で排泄するようになった
  (自立支援・重度化の予防)


②便所まで段差がある

  ⇒妻が介助していたが、
  ポータブルトイレを使用して排泄ができ、
  妻に気兼ねしなくなった
  (介護負担の軽減)

  ⇒転倒の危険があったため、
  今まではなかなか歩こうとする意欲が出てきた
  (自立支援・重度化の予防)


③便器が和式

  ⇒昼間は腰掛便座を和式便器の上に被せて使用しているが、
  夜は、足元が暗くて段差につまづく恐れもあり危険なため、
  ポータブルトイレを導入することで安心して排泄出来た
  (自立支援)


④便所までに家族の寝室がある

  ⇒家族の睡眠を妨げなくなったので、
  安心して寝れるようになった
  (重度化の予防)

  フムフム・・・

 長い前説でしたが、
 次回からいよいよ本題の

3【 ポータブルトイレの選び方 】について

  へ入ります