ポータブルトイレ「病状・症状・身体状況の問題とその効果2」

2006年10月25日 株式会社ヘルスケア


久しぶりの晴れ晴れした天気
気分爽快ですね
ようやく洗濯物を外で干せますね

さぁ~て、
今日は、文字だらけのマジメなお話といきましょうか 
我慢してお付き合い下さいね


では。。。
≪ ポータブルトイレの導入事例と選び方 ≫の続きです。


1-2 【 病状・症状・身体状況の問題とその効果 】について

⑧ パーキンソン病でつまづきやすい
  ⇒介助がなくてもベッドサイドのポータブルトイレに移乗して
  自分でも排泄できるようになったので転倒防止に繋がった
      (自立支援・介護負担の軽減・重度化の予防)

⑨ 廃用性の筋力低下で便所までの歩行が困難
  ⇒当初はベッドサイドのポータブルトイレに、
  座位で移乗していたが、自分で移乗するという意欲が
  出てきたので、最終的には立位で移乗出来るようになり、
  自信を持って排泄出来るようになった
      (自立支援・介護負担の軽減・重度化の予防)

⑩ リウマチで立ちしゃがみが困難
  ⇒朝方の気温低下により、手足が痛くて便所まで
  なかなか歩こうとしなかったが、室内のポータブルトイレまで
  なら歩こうとする意欲が出てきた。
  また、
  便座高もポータブルトイレなら高めに設定して
  膝関節への負担を減らすことが出来た
      (自立支援・重度化の予防)

⑪ 半身麻痺で移動・移乗に介助が必要
  ⇒夜間はベッド上で衣服を脱着し、トランスファボード付きの
  ポータブルトイレを利用して座位移乗することで
  転倒の危険が減り、介助がなくても安全に排泄出来るようになった
      (自立支援・重度化の予防)

⑫ 視力障害のため、一人で便所まで行けない
  ⇒家族を夜起こさなくても自分で排泄出来るようになったので、
  家族に気兼ねせずによくなった
      (介護負担の軽減)

⑬ 認知症で便所が分からなくなる
  ⇒ポータブルトイレをベッドサイドに置いて上蓋を閉めておくと、
  トイレと認識できたので、失敗して家族に迷惑をかけなくなった
      (自立支援・重度化の予防)

⑭ 床を移動しているので便器への移乗が困難
  ⇒ポータブルトイレの便座高を最も低くすると(約30~33cm)、
  膝立ちによりトイレに上がれるようになったので、
  介助がなくても自分で排泄でき、自信がついてきた
      (自立支援・介護負担の軽減・重度化の予防)


 なるほど
いろいろな問題点が改善へ向かっているんですね

 次回、2【 住環境の問題とその効果 】についてへ続きます。