ポータブルトイレ「病状・症状・身体状況の問題とその効果1」

2006年10月11日 株式会社ヘルスケア


「 住み慣れた我が家のトイレで快適に排泄したい 」
これは誰もが望むことですよね


身体状況や住環境などの面で
ポータブルトイレを導入した方が
転倒や失禁などのリスクを軽減できるケースが
多くあります。

そこで、そのポータブルトイレの有効活用によって、
心身の自立支援や、介護負担の軽減が可能になった

≪ 導入事例とその選び方 ≫    

について、ご紹介したいと思います

1-1 【 病状・症状・身体状況の問題とその効果 】について


① 夜間頻尿

 ⇒ 転倒の危険が減ったため、今まではなかなか歩こうとしなかったが
    室内のポータブルトイレまでなら歩こうとする意欲が出てきた
   (自立支援)

 ⇒ 家族を起こさなくても自分で排泄できるようになった
    (介護負担の軽減)


② おしっこが近くて便所まで間に合わない

 ⇒ ポータブルトイレを使用するようになって、尿意を感じたら、
   すぐに排泄できるようになり、失禁がなくなった
   (重度化の予防)


③ 尿意があるのにおむつを外せない

 ⇒ 夜間はベッドサイドのポータブルトイレに介助なしで
   座位移乗することにより、自分で排泄出来るようになった
   (自立支援・介護負担の軽減・重度化の予防)

④ 気温変化に弱く、症状の悪化が心配

 ⇒ 室内にポータブルトイレを置くことで、急激な温度変化を
   避けることができ、心臓への負担が解消出来たので、
   我慢しなくなった
   (重度化の予防)


⑤ ふらつきがあり、常に転倒しやすい

 ⇒ 転倒の危険が減ったため、今まではなかなか歩こうとしなかったが、
   室内または横の廊下に置いてあるポータブルトイレまでなら
   歩こうとする意欲が出てきた
   (自立支援・重度化の予防)


⑥ 呼吸器障害で息切れする

 ⇒ 介助がなくても室内のポータブルトイレなら自分で歩くことが
   出来るとともに排泄も出来るようになった
   (自立支援)


⑦ 病気で体力が低下している

 ⇒ ベッドサイドのポータブルトイレに移乗することによって、
   転倒の危険性がなくなったので、自分で排泄出来るようになった
    (自立支援)

長過ぎるので、一旦ここまでとしますね

次回
1-2【 病状・症状・身体状況の問題とその効果 】へ続きます