認知症について

2013年11月 5日 株式会社ヘルスケア

湘南の武谷です。

昨年の岩手に続き、先月に石巻を訪れました。おいしい海鮮丼を食べ復興に貢献です。

石巻
石巻

2011年3月11日の震災から時が経ち、海岸沿いの瓦礫の処理はされていましたが、未だに建物の復旧がされていない所も多く見られました。
11月3日 東北楽天ゴールデンイーグルスが優勝しました今後も東北が活気にあふれますよう応援しています。

11月は認知症についてご紹介いたします。

今月から厚生労働省の研究班はアルツハイマー型認知症の予防や根本治療薬の開発につながる調査研究に乗り出しました。

認知症について

Q何人いるか?
A全国の認知症高齢者は、推計で約462万人。

Q主な認知症は?
A主な認知症には数種類ありますが、記憶症状のアルツハイマー型が最も多く、全体の7割をしめます。

・海外の研究結果
家族性アルツハイマー病の遺伝子を持つ人のほぼ全員が発症し、発症時期も40歳代、50歳代などが多い。

・わかっていること
一般の認知症では誰がいつ発症するかは事前に知ることは困難だが、家族性の場合、親が発症した時期と同じ年齢で発症することがわかっている。画像診断などで経過観察をし、発症メカニズムの解明を目指しています。

・現在
進行を遅らせる薬が実用化されたものの、発症を予防したり根治する薬はない。

・将来
未発症の人たちに治験薬や偽薬を投与して効果をみる臨床試験を行うことで、予防や根治薬の開発につながる可能性もあります。

11月4日月曜日 讀賣新聞 「認知症根治薬 研究へ」 参照

今年、私も参加したのですが、認知症の人や家族の気持ちを理解する上でも地域で開催している「認知症サポーター養成講座」
に参加してみるのも良いと思います