区分支給限度基準額の見直し

2014年5月12日 株式会社ヘルスケア

4月より消費税が8%になりました。
これに合わせて 区分支給限度基準額の見直しが行われました

◎基本的な考え方
消費税引き上げに伴う介護報酬への上乗せ対応を行うことにより、従前と同量のサービスを利用しているにもかかわらず、区分支給限度基準額を超える利用者が新たに生じること等から、引き上げるとの事です。

◎区分支給限度基準額の水準
(1)居宅介護サービス費等区分支給限度基準額及び介護予防サービス費等区分支給限度基準額

要支援 1 ...  4.970単位  ⇒  5.003単位
要支援 2 ... 10.400単位  ⇒ 10.473単位
要介護 1 ... 16.580単位  ⇒ 16.692単位
要介護 2 ... 19.480単位  ⇒ 19.616単位
要介護 3 ... 26.750単位  ⇒ 26.931単位
要介護 4 ... 30.600単位  ⇒ 30.806単位
要介護 5 ... 35.830単位  ⇒ 36.065単位

(2)外部サービス利用型特定施設入居者生活介護費及び、外部サービス利用型介護予防特定施設
 入居者生活介護費に係る限度単位数

要支援 1 ...  4.970単位  ⇒  5.003単位
要支援 2 ... 10.400単位  ⇒ 10.473単位
要介護 1 ... 17.024単位  ⇒ 17.146単位
要介護 2 ... 19.091単位  ⇒ 19.213単位
要介護 3 ... 21.280単位  ⇒ 21.432単位
要介護 4 ... 23.347単位  ⇒ 23.499単位
要介護 5 ... 25.475単位  ⇒ 25.658単位

以上に見直しをされております。