高齢者の方が、日々楽しく遊び感覚で運動ができて、5年後も今の自分でいられる

2014年8月28日 株式会社ヘルスケア

 

今回ご紹介するのは、みなさんと切っても切れない健康商品です。

健康商品といってもサプリメントや、ダイエット商品ではありません。

「高齢者の方が、日々楽しく遊び感覚で運動ができて、5年後も今の自分でいられるようになれる」

そんな魔法の器です。

それではどんな商品かご紹介しましょう。

ここからは、ヘル助くんに体験してもらいましょう。       

 なんだこれは?

ただの木でできた箱みたいだけど・・・

 

「うんどう楽園」っていう名前なんだね!

この木の箱を使っていろんな運動ができるみたいだけど・・・

1、2、3,4、5の運動があるな!

1:「立上り」うんどうは、下半身の筋力がよみがえる

2:「つまずかない」うんどうは、足首がやわらかくなり、つまずきにくくなる

3:「かいだん」うんどうは、ふとももの力がつき階段の昇り降りが楽になる

4:「ふらつかない」うんどうは、姿勢がよくなりふらつきにくくなる

5:「全身のびのび」うんどうは、からだが柔らかくなりケガをしにくくなる

それぞれこんな効果が期待できるんだね!すごいね! 

 

 

このおじさんは誰だろう?

西城秀樹じゃなくて・・・西城眞人先生っていうんだ!?

高齢者体力つくり支援士ドクターの資格をもっていてぜんぜん頑張らない「うんどう教室」という本も書いているんだね。

実際に過去20年で4800教室、総参加者数75,000人という「うんどう教室」を開催してるんだね。

そんな先生がお墨付きの木の箱なんだ!

先生!このうんどう楽園のポイントは何ですか?

「指導しやすく、利用者様の使い勝手のよさ」 です。

①高齢者の方がすぐできるような運動であること。簡単なんです。

②安心して使えること 。指導員が無理ないように配慮するんです。

③やさしくて、運動の種類が少ないこと。覚えやすいんです。

④運動の上手い、下手がわからないこと。比較されると嫌になるんです。

⑤みんなに効果がわかること。ステージ効果が感動を呼ぶんです。

頭で意識してからだを使うこと!

神経の伝達機能を低下させないことが大切です!

 納得しました! 

 みなさんも一度見てみませんか?