区分支給限度基準額の見直し

2014年5月12日 株式会社ヘルスケア

4月より消費税が8%になりました。
これに合わせて 区分支給限度基準額の見直しが行われました

◎基本的な考え方
消費税引き上げに伴う介護報酬への上乗せ対応を行うことにより、従前と同量のサービスを利用しているにもかかわらず、区分支給限度基準額を超える利用者が新たに生じること等から、引き上げるとの事です。

◎区分支給限度基準額の水準
(1)居宅介護サービス費等区分支給限度基準額及び介護予防サービス費等区分支給限度基準額

要支援 1 ...  4.970単位  ⇒  5.003単位
要支援 2 ... 10.400単位  ⇒ 10.473単位
要介護 1 ... 16.580単位  ⇒ 16.692単位
要介護 2 ... 19.480単位  ⇒ 19.616単位
要介護 3 ... 26.750単位  ⇒ 26.931単位
要介護 4 ... 30.600単位  ⇒ 30.806単位
要介護 5 ... 35.830単位  ⇒ 36.065単位

(2)外部サービス利用型特定施設入居者生活介護費及び、外部サービス利用型介護予防特定施設
 入居者生活介護費に係る限度単位数

要支援 1 ...  4.970単位  ⇒  5.003単位
要支援 2 ... 10.400単位  ⇒ 10.473単位
要介護 1 ... 17.024単位  ⇒ 17.146単位
要介護 2 ... 19.091単位  ⇒ 19.213単位
要介護 3 ... 21.280単位  ⇒ 21.432単位
要介護 4 ... 23.347単位  ⇒ 23.499単位
要介護 5 ... 25.475単位  ⇒ 25.658単位

以上に見直しをされております。

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

2013年7月 7日 株式会社ヘルスケア

暑い日が続けますがいかがお過ごしでしょうか
街や家の中で身近にあるバリアフリー&ユニバーサルデザインを紹介します

「バリアフリー」とは

お年よりや障害のある方といった特定の人を対象として、快適に生活できるように、後からバリアをなくすことです。
例えば、階段しかない出入口の横にスロープを設置するような場合があります。
バリアフリー      
バリアフリー
            

「ユニバーサルデザイン」とは

障害があるかないかなどに関係なく、はじめからすべての人ができるだけ使いやすく、便利なものを広めることです。
例えば、出入口には、はじめから階段や段差をつくらずに平らにする場合です。

ユニバーサルデザイン
自動歩道

動く床面に緑のラインが引いてあり、スピードや方向が分かります。
幅が広いので、両手に荷物を持っている人の横にも十分なスペースがあり、他の人も楽に通ることができます。

シャンプーユニバーサルデザイン
シャンプーボトルも実はユニバーサルデザイン

目が不自由な方でもボトルを触ることで区別がつきます。


電気ポットユニバーサルデザイン
電気ポット・加湿器

こちらは、マグネット付コンセントが使用されています。
もしコードに足を引っ掛けてもすぐに外れるため、ポットが転倒して熱湯で火傷をするといった事故を防ぐことができます 。


バリアフリーに比べると対象者が広くなります。
両者は、ユニバーサルデザインが追いつかない部分をバリアフリーでカバーしていくような共存関係になります。

街~家~日用品など何気なく生活をしている中でも、たくさんのユニバーサルデザインが使われています。

今度街を歩く時、買い物をする時など是非ユニバーサルデザインを見つけて見て下さい


介護保険 軽度者サービス見直しへ

2013年5月 7日 株式会社ヘルスケア

もう今年も5月!?

早いです。


今日の湘南地区は快晴ですが風が強いです

介護保険制度で新たな展開がみられましたのここに紹介します

平成25年5月5日付け 読売新聞より抜粋

厚生労働省は、介護保険制度で「要支援」と認定された軽度者向けのサービスを見直す方針を決めた。

 要支援者を介護保険サービスから外し、ボランティアなどを活用した市町村の事業で支援する方向で具体策を検討する。介護費用の増加を抑え、市町村や高齢者の実情に応じた支援策を充実させる狙いがある。

 軽度者向けサービスの見直しについては、政府の社会保障制度改革国民会議が4月22日にまとめた医療・介護分野の論点整理でも、「保険給付から市町村事業に移行すべきだ」と提案されている。

 要支援者は、介護が必要と認定された人全体の26%にあたる133万人(2010年度)。要支援者のサービスにかかる費用は0・4兆円で、介護サービス全体の費用(7・8兆円)の約5%にとどまる。しかし、団塊世代が75歳以上となる25年度には、総費用は約21兆円に膨らみ、現在月約5000円(全国平均)の介護保険料も、8200円程度になる見込みだ。保険料の上昇を抑え、重度者のサービスに財源を回すには、軽度者向けの見直しが必要と判断した。

今後の方針に注目していきたいと思います。

新年度を迎え、暮らし関わる制度変更について

2013年4月 8日 株式会社ヘルスケア

今日は少しお勉強の時間です

暮らしの制度
4月1日を迎え、新年度が始まりました。
新年度を迎える事で、一部暮らしに関わる制度が変更されています。

会社員が加入する厚生年金で、男性の支給開始年齢がこれまでの60歳から61歳に引き上げられ、今後、段階的に65歳まで引き上げられる。


60歳で定年退職した場合、年金も賃金収入もない「空白期間」が生じてしまうため、希望者全員を65歳まで再雇用することを企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が施行される。


祖父母から孫などへの教育資金の援助がしやすくなる。1人あたり1500万円を上限に、教育資金を一括贈与した場合、贈与税は非課税となる。


政府が製粉会社に売り渡す輸入小麦の価格は、平均9・7%引き上げられる。米国の干ばつや最近の円安傾向で、小麦の価格が高騰したためで、食卓への影響が懸念される。


自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料は、全車種平均で前年度比13・5%引き上げられる。


東日本大震災で、首都圏を中心に帰宅できない人が大量に発生した教訓を踏まえ、東京都の帰宅困難者対策の条例も施行される。都内の企業に対して3日分の食料・水の備蓄や、一斉帰宅の抑制を義務づける。


案外直接関わらないと感心がないような事ですが、こんな事も知っているとお客様への問題解決へのアプローチになる事も
あったり、なかったり・・・

特定福祉用具購入

2012年11月19日 株式会社ヘルスケア

こんにちわ


今年もあと残り1か月半となりました
年末の代名詞と言っていいイルミネーションが各所で先週末あたりから
徐々に始まってきました
関東各地で様々な催しが行われていたりしているので
出掛けてみてはいかがでしょうか??

今回は特定福祉用具購入に関して更新します


介護保険制度では、要介護・要支援認定を受けておられる方が住み慣れた自宅で自立した生活を送られることを支援するために、特定福祉用具の購入費用の一部を支給してもらうことができます

支給を受けるためには、都道府県の指定を受けている事業者から購入する必要があります


......特定福祉用具とはなんなのか??
以下の五点を指します


特定福祉用具購入の対象となる福祉用具

特定福祉用具購入の対象となる福祉用具は、次の①から⑤に該当する特定福祉用具です。
1. 腰掛便座
ポータブルトイレ、補高便座(和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの、洋式便器の上に置いて高さを補うもの)等

2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
次の要件をすべて満たすもの
(あ) レシーバー、チューブ、タンク等のうち、尿や便の経路となるもの
(い) 要介護者やその介護を行う人が容易に交換できるもの

3. 入浴補助用具
入浴用いす(シャワーチェア)、浴槽用手すり(浴槽の縁を挟み込んで固定することができるもの)、浴槽内いす、入浴台(バスボード)、浴室内すのこ、浴槽内すのこ、入浴用介助ベルト

4. 簡易浴槽
空気式または折りたたみ式等で容易に移動できるもので、取水・排水工事を伴わないもの

5. 移動用リフトのつり具の部分
移動用リフトに連結可能なもの

......それでは、どの位の額を支給できるのか??


支給限度額、利用者負担額

支給限度額は要介護・要支援認定者ひとりにつき同一年度10万円(消費税含む)以内です
支給限度額を超えた特定福祉用具購入費用については利用者の負担になります
利用者負担額は特定福祉用具購入代金の1割(1円未満切り上げ)と支給限度額を超えた特定福祉用具購入代金です


......実際どのような流れで購入になるのか??

特定福祉用具購入費支給までの流れ

1. ケアマネジャー等に相談
介護保険のケアマネジャー、地域包括支援センターや都道府県から指定を受けた事業所の福祉用具専門相談員に相談し、必要な特定福祉用具を選定します。また、同じ特定福祉用具を購入する場合は、再購入の必要な理由書を作成してもらい、市の承認を受けてください。

2. 特定福祉用具の発注
購入事業者を選択し、発注します。

3. 特定福祉用具購入代金の支払
特定福祉用具購入代金は、いったん利用者で特定福祉用具販売事業者に全額支払っていただき、後で市に保険給付分を請求する方法(償還払)と、市に登録している事業者で双方の同意があれば、事業者に利用者負担分を支払い、保険給付分の受領を事業者に委任する方法(代理受領制度)の2種類があります。
ただし、介護保険料の滞納がある方は代理受領制度を利用できません。

4. 特定福祉用具購入費の支給申請
支給申請書に必要書類(特定福祉用具の概要がわかるもの(カタログのコピー等)、領収書(本書))を添付して市に特定福祉用具購入費の支給申請を行ないます。

5. 特定福祉用具購入費の支給
指定の金融機関に保険給付分が振り込まれます。


※3.4.5. の支払い方法、申請方法は行政によって異なるため、
 お住まいの市町村やケアマネージャーに問い合わせる必要があります

特定福祉用具購入の概要は以上になります
まずはお住まいの行政・ケアマネージャー・地域包括支援センターに
問い合わせるといいと思います

体位変換器貸与 モルテン社製「アスディス」

2012年8月13日 株式会社ヘルスケア

湘南の風が心地よい日々です

富士山も見え、海も近い♪
このロケーションはもしかして、お仕事向きではなくバケーション向け!?

海は近いんですが、なかなか海沿いのお客様もいないこともあり、近いわりには海に行っていなく平塚の田舎道を毎日ドライビング

なんて湘南に異動して約1年8か月の私、福永が再度実況中継致します


またまた体位変換器のご紹介

今回の商品は
モルテン社製 「アスディス」


なんとなく名前が「アディダス」に聞こえてきそうな空耳現象はさておき
アスディス


こんな商品です
床(畳)上で生活される利用者の立ち上がりをサポートするエア式起き上がり補助装置です

例えば、こんな事でお困りの方はいませんか??

1)どうしても慣れしたしんだ床(畳)での生活を続けたいが起き上がりが大変

2)認知症などで、安全上ベッドの導入が難しい

3)部屋が狭く、どうしてもベッドが置けない・・


こんなお困り事を解決できるうる商品が「アスディス」!
アスディス


当社においても介護保険レンタルとして取り扱っています!


ご注意
体位変換器貸与は基本的には要介護2以上でなければ
介護保険のレンタルではご利用できません。
レンタルをご希望される場合はケアマネジャー様へご相談ください

車いす付属品 「クッション」

2012年6月18日 株式会社ヘルスケア

 いつもありがとうございます


湘南営業所の福永です。
大好きな夏がやってきました

今年は沖縄にいきたいなぁ~なんて妄想していますが


前回に引き続き今回も介護保険で利用できるサービスコード順で、様々な角度から商品のご紹介。

前回は、171001サービスコードの「車いす」についてでしたが、今回は171002サービスコードの「車いす付属品」についてご紹介します

車いす付属品と言っても多種多様ですが、ここでは車いすクッションを指すことが多いです。
車いすクッションはその名の通りに車いすに使用するクッションですが、現在はたくさんの商品があります。

その中で私(福永)がよく選定するものをご紹介します

その1)
モルテン シーポスクッション 
シーポスクッション

このクッションの大きな特徴
1 快適な座位をとる為に圧迫力への対策
身体が前に動いた時に圧迫される尾骨部をクッション中央部に設けた溝で逃がし、圧迫力を取りのぞきます

2 すれ力への対処
クッション前部にストッパーがあり前ずれを防止し、身体のずり落ちを軽減します

3 ムレへの対処
表面の通気孔を設けたカバーは通気性にすぐれ、長時間座っていてもムレを防ぎます


その2)
日本ジェル PITAシートクッション
PITAシートクッション

このクッションの大きな特徴は
1 立体格子状ジェル内蔵クッション
立体格子状ジェルは弾力性があり、ズレを防止し、蒸れず、洗える、21世紀の衝撃吸収材です。

2 体圧分散効果
水平方向の負荷は格子状ジェルが自由自在に変形してその力を逃がします。

3 汚れても丸洗い可能
蒸れにくい構造で夏場でも快適過ごせ、汚れたら家庭用洗濯機で洗えます。

その3)
ロホクッション
ロホクッション

このクッションの特徴は

1 除圧効果が高い
エアークッションの為に床ずれの発生が予想される方などには優れた除圧効果で発生を予防できます


当社においてもすべてのご紹介商品を介護保険のレンタルとして取り扱っております。


☆注意点☆
介護保険を利用される場合はケアマネージャーが作成するケアプランが必要となります。
ケアプランに応じてサービスが提供されますので、何でもかんでも介護保険でレンタルできる解釈とは違います。

介護保険での福祉用具レンタルをご利用になる場合はケアマネージャーへご相談することをおすすめ致します。

以上です


2012年介護保険法改正 【6.保険料の上昇の緩和】

2012年5月23日 株式会社ヘルスケア

天気が良い日と思っていると
梅雨に入る前の晴れ間を大切に
 

 


6. 保険料の上昇の緩和

 ● 財政安定か基金の取り崩し

  財政安定化基金は都道府県に設置されており、(国、都道府県、市町村で

  3分の1ずつ拠出。)

  介護保険財政に不足が生じることとなった場合に、市町村に貸付・交付される

  仕組み。

  第3期以降、貸付率は大きく低下しており、第4期末の残高は約2,850億円

  となる見込み。

  会計検査院からも余裕分を拠出者に返還できる制度とすることを指摘されている。

  本来の目的に支障をきたさないための必要な見込み額を残して、

  財政安定か基金の余裕分を 第1号保険料の上昇も緩和等にう活用する。

 

 


 ● 市町村準備基金の取り崩し

  第4期中の積立見込み額の一部を取り崩すことにより保険料軽減に活用する。
保険料見込み

以上になります

2012年介護保険法改正 【5.保険者による主体的な取組の推進】

2012年5月12日 株式会社ヘルスケア

こんにちわ

今日は金環日食でした 皆さん見る事ができましたでしょうか?
私は通勤途中の車内で一瞬だけ見ることができました


さて、介護保険改正に関して今回が5回目になります
今回は「保険者による主体的な取組の推進」を説明します


これは、地域包括ケア実現のために、保険者が主体となって地域密着型サービス等を
整備していく必要があることから、推進していかなければならない課題になっています

 

具体的には
1. 介護保険事業計画と医療サービス、住まいに関する計画との調和を確保
2. 地域密着型サービスについて公募・選考による指定を可能とする。

この地域密着型サービスに関しての介護報酬に関しては
厚生労働大臣の許可によらず、市町村独自の判断で、全国一律の介護報酬を上回る
報酬を設定することが可能で、画期的である


また地域密着型サービス等の事業所の指定は市町村ごとに行うが、市町村の判断
により当該事業所が所在地以外の市町村からも指定を受ける際の事務手続きの
簡素化を行う

これらにより保険者がより主体的に取り組める仕組みが作られたと言え
地域にごとに、より最適なサービスが提供できることになるでしょう。

以上
「保険者による主体的な取組の推進」という項目について
触れさせていただきました

2012年介護保険法改正 【4.認知症対策の推進】

2012年4月26日 株式会社ヘルスケア

 こんにちは


ヘルスケア湘南の福永です。
三寒四温とよくいったもので、春まっさかりですが、日によって寒い日も暖かい日もあり
確実に季節はすすんでいるなと感じる毎日です♪

個人的には夏が大好きです。
開放的な気分と寒くない毎日が大好きです


さて4回目を迎えた介護保険改正についてのポイントですが、
今回のテーマは「認知症対策の推進について」です。


近年の背景
*1「認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱ以上」の高齢者の推計 208万人(平成22年)
→323万人(平成37年)
*2「成年後見関係事件の申立件数は年々増加」 平成21年 27.397件


上記の背景を踏まえ認知症対策が今回の介護保険改正に伴いさらに推進されました
その概要としては

1) 市民後見人の活用
今後、親族等による成年後見の困難なものが増加するものと見込まれ、介護サービス
利用契約の支援などを中心に、成年後見の担い手として市民の役割が強まると
考えられることから、市町村は、市民後見人を育成し、その活用を図ることなどにより
権利擁護を推進することとする。


2) 認知症に関する調査研究の推進
国、地方公共団体は、認知症の予防、診断及び治療並びに認知症である者の
心身の特性に応じた介護方法に関する調査研究の推進に努めることとする。

上記が主な認知症対策の推進について保険改正されたポイントです。

超高齢者社会を迎える我が日本国が抱える問題点において、介護保険の必要性が
高くなっていくからこそ、この認知症対策の推進が叫ばれているのだと思います。


以上です。

2012年介護保険法改正 【3.高齢者の住まいの整備】

2012年4月21日 株式会社ヘルスケア

4月も後半に入り暖かくなってっきましたね

今回は、法改正の3つ目として「高齢者の住まいの整備」について
取り上げてみます
住まいの整備        


これまでは、

1. 高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)
2. 高齢者専用賃貸住宅  (高専賃)
3. 高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)

と3施設がありましたが、2011年10月20日の「高齢者住まい法」施行により経過措置
(2~5年)を設け「サービス付き高齢者向け住宅」に一本化されます

また、有料老人ホーム,シニア住宅等も基準を満たせば登録が可能となります

これまでの問題点としまして
● 医療・介護事業者との連携が不十分
● 行政の指導監督が不十分
等がありましたが、これらを改善したものになっています

住まいの整備            

サービス付き高齢者向け住宅の
住宅に関する基準は
● 原則25㎡以上
● 原則 台所、水洗便所、収納設備、浴室の設備
● 原則3点以上のバリアフリー化(手すりの設置、段差解消、廊下幅の確保)
住まいの整備  
          

サービスに関する基準は
● 安否確認、生活相談→義務化です
● 提供するサービスの例としまして、「食事の提供、清掃・選択等の家事援助など」
●次 のいずれかが日中常駐していること
 1. ヘルパー2級以上の資格を有する者
 2. 社会福祉法人、医療法人又は居宅介護サービス事業者の職員
 上記の者が常駐する為に必要なスペースを設ける事
等です
住まいの整備  
          
         

これらの改正によって、住み慣れた地域で安心して暮らすことが出来ると
良いですね

2012年介護保険法改正 【2.介護人材の確保とサービスの質の向上】

2012年4月 3日 株式会社ヘルスケア

4月に入り 桜の花も咲きはじめました

風が強い日が続いてますのでが心配です。


介護保険最新情報

第 2 弾   介護人材の確保とサービスの質の向上

介護福祉士や一定の教育をうけた介護職員等によるたんの吸引等の実施を
可能とする。

たんの吸引その他の日常生活を営むのに必要な行為であって、医師の指示の
下に行われるもの

※保健師助産婦看護師法の規定にかかわらず、診療の補助として、たんの吸引等を
行うことを業とすることができる

  ☆具体的な行為については省令で定める

   ・たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)
    
   ・経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)

たんの吸引

●介護福祉士の資格取得方法の見直しの延期

介護分野の人材不足等の中で、現場職員にとって実務者研修を受講しやすいものに
再構成する。

働きながらでも研修を受講できるよう、受講支援の具体化や現場職員への十分な広報
をしていくため、また、介護福祉士によるたんの吸引等円滑な施行に向けて、一定の
準備期間が必要。

そのため、介護福祉士の資格取得方法の見直しについて、施行を3年延期
(24→27年度)。

 


●介護事業所における労働法規の遵守を徹底

事業者による労働環境整備の取組を推進するため、新たに、労働基準法等に違反
して罰金刑を受けている者等について、指定拒否等を行うこととする。

 
●介護療養型医療施設廃止の延期

2011年度末での廃止が決定していた介護療養病棟について、2011年度初頭に
おいて半数以上の介護療養病棟が代替施設への転換が未定となっており、
年度末での廃止を延期する方針が政権与党から出されていました。

今回の改正では、2011年度での廃止を6年間延長し、2017年度末とすることが
正式に決定しました。


介護従業者の質の向上および職場および待遇改善、利用者の保護を目的
とした改正が行われました

2012年介護保険法改正 【1.医療と介護の連携の強化】

2012年3月21日 株式会社ヘルスケア

こんにちわ
だんだんと暖かくなり、桜のつぼみも
あとひと踏ん張りというところまで来ていて
春を感じさせます


さて2012年4月から新しい介護保険制度がスタートします


改正の主なポイントは次の6つの柱で構成されています

1. 医療と介護の連携の強化等
  (1) 24時間対応の定期巡回・随時対応型サービスを創設
  (2) 複合型サービスを創設
  (3) 介護予防・日常生活支援総合事業について
2. 介護人材の確保とサービスの質の向上
3. 高齢者の住まいの整備等
4. 認知症対策の推進
5. 保険者による主体的な取り組みの推進
6. 保険料の上昇の緩和

今回はブログは 1.医療と介護の連携の強化についてご説明します
なお、現在、位置づけや詳しい内容については、社会保障審議会介護給付費分科会
で議論されていますそして、そこでの検討を経てから具体的な内容が決定されます


ー.24時間対応の定期巡回・臨時対応型サービスを創設。
重度者を始めとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、
訪問介護と訪問看護が密接に連携しながら、短時間の定期巡回訪問と随時の対応
を行う「定期巡回・随時対応サービス」が創設されます。

・ 訪問介護と訪問看護が一体的、又は密接に連携しながら、短時間の定期巡回型
  訪問を行なう。
・ 一つの事業所から訪問介護・訪問看護を一体的に提供する、又は外部の訪問看護
  事業所と密接な連携を図って訪問介護を実施するなど、訪問介護と訪問看護の
  密接な連携を図りつつ実施する。
・ 地域密着型サービスとして位置付け、市町村(保険者)主体となって、圏域ごとに
  サービスを整備するようにする

これにより利用者の24時間のバックアップ体制ができあがります


ー.複合型サービスを新設
定期巡回・臨時対応サービスと同じ地域密着型サービスの一つとして、通院と
訪問看護を組み合わせたサービスの提供を一つの事業所で行いやすくするための
複合型サービスが創設されます

小規模多機能型居宅介護サービスと訪問看護を一体として提供する複合型事業所を
創設することで、要介護者への医療連携体制を持つワンストップ・サービス提供型の
事業所を育てようとするものです


これまでの小規模多機能型サービスは認知症など重度の要介護者が増加する昨今、
在宅での生活に事業所への「通い」や「泊まり」などを組み合わせた柔軟性の高い
サービスとして、今後さらなる普及が期待されているようです

これまでは別々の事業所から別々にサービスが提供されるということもあり、
利用者側にとっては必ずしも使い勝手がよくない面がありました
これらを複合サービスとして一つの事業所から提供できるよう、制度面から後押し
することによって、サービスを使いやすくするものになります

ー.介護予防・日常生活支援総合事業について 
市町村の判断により、要支援者・介護予防事業対象者向けの介護予防・日常生活支援
のためのサービスを総合的に実施できる制度が創設されます。事業を導入した市町村
においては、市町村・地域包括支援センターが、利用者の状態像や意向に応じて、
予防給付で対応するのか、新たな総合サービスを利用するのかを判断するようになります

この事業は、ケアマネジメント、介護予防、生活支援の実施を必須条件に、市町村が
地域の実情に合わせて介護保険の予防給付としての家事援助や機能訓練などと
保険外サービスとしての見守り・配食サービスを組み合わせて提供できる制度です

これにより、地域実情を踏まえたキメ細かな取組が可能となりますが、この事業
(予防給付、配食、見守り)の導入は、市町村で判断することになることから、
市町村は、今まで以上に地域のニーズを的確に把握しておくことが大切となるようです


この法改正によって、利用者個々の細かい身体状況に対応できるサービスや
利用者のニーズにますます応えることが可能になってくると思います

福祉用具・住宅改修の追加種目

2012年2月18日 株式会社ヘルスケア

まだまだ寒い日が続きますね
乾燥していますし体調にはお気を付けて下さい

今回は、4月より新たに介護保険給付対象となるレンタル・販売・住宅改修の
追加計6種目について書かせて頂きます

1. 「介助ベルト(入浴介助以外のもの)」福祉用具貸与「特殊寝台付属品」として追加

2. 「特殊尿器(自動排泄処理装置)」を福祉用具貸与の対象種目に追加

3. 「腰掛便座の底上げ部材」を特定福祉用具販売の「腰かけ便座」の対象として追加

4. 「通路等の傾斜の解消」を住宅改修の「段差解消」の対象として追加

5. 「扉の撤去」を住宅改修の「扉の取替え」の対象として追加

6. 「転落防止用柵の設置」を住宅改修の「段差解消の付帯工事」として追加

以上6種目です

1. ですが、特徴として要介護者に装着し介助者が要介護者の身体を保持し
     易くする事で、転倒等のリスクを軽減します。また介助者がベルトを
     装着し要介護者につかまらせて移乗動作を行う事により、介助者の
     負担軽減にもなります。入浴用は販売、入浴用以外はレンタルに
     なります 
    介助ベルト
    

2. ですが、専用のレシーバーやパッドを要介護者の陰部に装着して使用
     します。排泄が行われるとレシーバーやパッドに内臓されたセンサー
     が反応し、自動的に便や尿をタンクに吸引します
     利用者は製品全部を購入するか、本体をレンタルするかを選択する
     事が出来ます。
     なお、バケツ、尿が通るホース部は衛生上レンタルに馴染まないので
     購入する事になります
       特殊尿器


3. ですが、和式便座の上に設置しその上に便座を乗せて使用します。
     便座と底上げ部分が分かれていますので、温水洗浄便座(介護保険
     給付対象外)を設置する事も可能です。なお、洋式便器等への便器
     の取替え(住宅改修)としても認められます
    腰かけ便座
      ↓
     腰かけ便座
          
                                 
                   
           

4. ですが、傾斜のある通路等で車椅子や歩行車を利用する場合、
      車椅子の駆動を困難にしたり、車輪付きの歩行器が思わぬ方向
      に進んで事故を起こす恐れがあります
     傾斜の解消
      
     このように楽に笑顔で移動したいですね


5. ですが、廊下等の扉を撤去する事で、要介護者の移動が容易になり、
     トイレなどの中扉を撤去する事で、入り口から便器までの移動が
     容易になります
     扉の撤去
     扉の撤去
           

6. ですが、手すりがあっても転落の危険がある要介護者の移動中
     の転落事故を防止します。スロープの設置等の住宅改修に伴って
     同時に行う付帯工事において、転落防止用の柵を設置する場合に
     認められます
    段差解消
      

以上6種目につきまして書かせて頂きました
これからもよろしくお願いいたします       

福祉用具貸与 例外給付について

2011年12月 1日 株式会社ヘルスケア

こんにちわ

今回は介護保険の例外給付について少し触れてみたいと思います


要支援者及び要介護1の者の福祉用具貸与については、
『車椅子、車椅子付属品』、『特殊寝台、特殊寝台付属品』、
『床ずれ防止用具』、『体位変換器』、『認知症老人徘徊感知機器』、
『移動用リフト』に対しては原則的に算定できません

ですが例外的に福祉用具が必要な状態にあると該当すると
認められるものを、給付対象と認めるというものが例外給付です

ではどのような状態が福祉用具が必要な状態にあると認められるのか
いくつかの条件があります

 


◎ 一つ目は福祉用具が必要と判断されるものの類型です。

類型A 
 疾病その他の原因により、状態が変動しやすく、時間によって告示で
 定める福祉用具が必要な理由に該当する。

類型B 
 疾病その他原因により、状態が急速に悪化し、短期間のうちに告示で
 定める福祉用具が必要な状態になることが確実に見込まれること

類型C 
 疾病その他原因により、身体への重大な危険性又は症状の重篤化の
 回避など、医学的判断から告示で定める福祉用具が必要な状態である
 と判断できるもの

 

◎ 二つ目として福祉用具別にに応じての条件です。
 

車椅子、車椅子付属品 
 1.日常的に歩行が困難なもの
 2.日常生活範囲における移動の支援が特に必要なもの
 

特殊寝台及び付属品 
 1.日常的におきあがりが困難なもの
 2.日常的に寝返りが困難なもの  
 

床ずれ防止用具及び体位変換器
 1.日常的に起き上がりが困難なもの
 

認知症老人徘徊感知器
 1.意思の伝達、介護を行うものへの反応、記憶又は理解に
   支障があるもの
 2.移動において全介助を必要としないもの 
 

移動用リフト    
 1.日常的に起き上がりが困難なもの
 2.移乗が一部介助又は全解除を必要とするもの
 3.生活環境において段差の解消が必要と認められるもの
 


これは直近の基本調査に基づいて該当していなければなりません。


上記どちらかににプラスして
・主治医の意見書による用具の必要性の示唆
 上記のA~Cに該当している所見が必要


・サービス担当者会議を開催して用具の必要性を議論する場を開催し
  福祉用具が必要なことがケアプランに盛り込まれている


この条件を満たすものを市町村に申請して
市町村の認可が出て晴れて例外給付として認められます


市町村によっては申請の仕方や内容が若干変わるかもしれませんが、
基本的にはこの条件を満たさなければ認められないということです
お近くの市町村の介護保険課で問い合わせることが出来ます


介護度が低くても身体状況が利用者それぞれなので、利用者の
身体状況に合わせて安全な生活を送れるために
福祉用具をお使いいただくことが大事だと思います


介護予防チェック

2008年3月18日 株式会社ヘルスケア

 早いもので、昨日は『 彼岸 』でした
 明後日は『 春分の日 』

  【 暑さ寒さは彼岸まで・・・ 】

 と言われていますから、
 もう、寒い日は無いと思って良いのでしょうか
 ただ、花粉症の方はツライ季節ですね


 

今日は  【介護予防のチェック】  です。


介護予防とは、

  高齢者が介護の必要な状態になることを防いだり、

  仮に、介護が必要になってもできるだけ身体の機能を維持し、

  改善することを目指すものです。

  「介護予防」の第一歩は、現在の自分の状態を知ることです。

  厚生労働省が作成した「基本チェックリスト」

  で日ごろの生活をチェックしてみましょう。

                   【神奈川県ホームページより】
 

高齢者虐待防止・養護者支援法 -4-

2006年9月17日 株式会社ヘルスケア

この土日は、汗かきかきの蒸し暑さでしたね

" ハンカチ王子 "を真似て
汗をフキ拭きして自己満足していましたよ・・・
もちろん色は  " ブルー " 

そうかと思えば、 未明の雷雨・・・
うぅ~~ん、昼間の行いが悪かったのか
いやいやきっと季節の転換期なのでしょう。


さて今日は
『 高齢者虐待防止・養護者支援法 』の最終回です。
長々とお付き合いいただきましてありがとうございました


では、本題です。

≪ 3 予防 ≫

高齢者虐待を防ぐためには、
家族が高齢者の介護に悩んだ時、負担を感じたりした時に、
早めに相談し、必要な支援を受けることが大切です。
不安なことがある時には、
お住まいの[ 市町村 ]やお近くの[ 地域包括支援センター ]
[ 介護支援専門員 ]などにお気軽にご相談下さい。


≪ 4 早期発見 ≫

虐待の防止・早期発見のためには、
地域の皆さんの協力が大切です。

この法律では・・・

虐待を受けたと思われる高齢者を発見した人は、
[ 市町村に通報 ]することになっています。

周囲で虐待の疑いがあると思われた場合は、
お住まいの[ 市町村にご相談 ]下さい。

通報を受けた市町村は、
高齢者の安全確認、事実確認を行い、
状況に応じて、高齢者及び家族に対して
必要な支援を行います。

さらに必要な場合は、居所等への立入調査や
施設等への入所などを行います。


いずれは誰もが高齢者になり、
誰もがこの虐待の問題に直面する可能性があります。

すべての人が、安心して暮らせるよう、
虐待を未然に防ぎ、助け合える地域づくりが、
求められています

高齢者虐待防止・養護者支援法 -3-

2006年9月 4日 株式会社ヘルスケア


 秋の気配を感じる今日この頃、スポーツや食べ物など
 また楽しみな季節がやって来ますね
 あんなことこんなこと、いろんなイベントも多い事でしょう

 しっかりと体調管理していきましょう


  さぁ~
 では、また『 高齢者虐待防止・養護者支援法 』について
 続けましょう


≪ 2 高齢者虐待の背景 ≫


高齢者虐待の要因とは・・・

 ○家族
   介護疲れ、排泄介助の困難、疾病や障害、
   介護に関する知識不足、生活苦 など

 ○高齢者
   認知症による言動の混乱、身体的自立度の低下、
   疾病や障害 など

 ○人間関係
   これまでの家族関係における折り合いの悪さ、
   親の加齢や認知症により家庭内における
   精神的・経済的な関係等のバランスが崩れること など

 ○社会環境
   希薄な近隣関係や社会からの孤立、
   他の家族や周囲の人々の介護に対する無関心、
   老老介護・単身介護の増加、
   介護サービス等の不足・不適応 など


高齢者を介護している家族の方も
さまざまな困難を抱え、『 支援 』を必要としているのです。


次回、≪ 3 予防 ≫へ続きます

高齢者虐待防止・養護者支援法 -2-

2006年8月28日 株式会社ヘルスケア

 昨日から、すっかり秋の気配を感じさせられる涼しさですが、
 思えば8月ももうあとわずか...なんですよね

 子供たちの夏休みの宿題は、きちんと終わっていますか??  


さて、こちらでは、

『 高齢者虐待防止・養護者支援法 』

の続きと参りましょう       


≪ 1 高齢者虐待とは・・・その② ≫

前回のチェックシートはいかがでしたか?
高齢者の虐待とは、大きく5つに分けられるのです。

 ○身体的虐待
    高齢者の身体に外傷が生じるか、
    生じるおそれのある暴力を加えること
     * たたく、つねる、殴る、蹴る、やけどを負わせる など
     * ベッドに縛りつけたり、意図的に薬を過剰に与える など

 ○介護・世話の放棄・放任(ネグレスト)
    高齢者を衰弱させるような著しい減食、
    長時間の放置や虐待行為の放置など、
    養護を著しく怠ること
     * 髪が伸び放題だったり、皮膚が汚れている
     * 空腹状態、脱水状態、また栄養失調の状態にある
     * 劣悪な住環境の中に放置し生活させる など

 ○心理的虐待
    著しい暴言や拒絶的な対応など、
    高齢者に著しい心理的外傷を与える言動を
    行うこと
     * 排泄などの失敗に対して高齢者に恥をかかせる
     * 子供扱いをする、怒鳴る、ののしる、悪口を言う など

 ○性的虐待
    高齢者にわいせつな行為をすること、
    させること
     * 懲罰的に下半身を裸にして放置する
     * キス、性器への接触、セックスを強要する など

 ○経済的虐待
    財産を不当に処分するなど、
    高齢者から不当に財産上の利益を得ること
     * 必要な金銭を渡さない、使わせない
     * 本人の不動産、年金、預貯金などを
       本人の意思・利益に反して使用する など

 高齢者虐待に関する調査では、
 高齢者虐待における特徴のひとつに、お年寄りの介護や
 世話をしている『 半分以上の人 』が 虐待の『 自覚がない 』
 という結果が出ています。。。


次回、その≪ 2 高齢者虐待の背景 ≫へと続きます。

高齢者虐待防止・養護者支援法 -1-

2006年8月23日 株式会社ヘルスケア

 
 近年、話題に取り上げられる高齢化社会問題・・・。
 日本の平均寿命は、世界でも最高水準となっています。
 長い高齢期をどのように過ごすか!
 個人にとっても社会にとっても、極めて重大な課題です。。。    

そこで、
平成18年4月1日から施行された

『 高齢者虐待防止・養護者支援法 』

について、ご説明したいと思います。


 虐待の防止と保護のための措置、
 また、高齢者を支える養護者の負担を軽減させる対策として
 制定されました。
  そして、高齢者が尊厳を保ち生活できるよう、
高齢者に対する虐待について、防止や早期発見の取り組みが、
区市町村を中心に進められることになりました。


≪ 1 高齢者虐待とは・・・その① ≫


 まずは、次の項目をチェックしてみましょう。


 □ お年寄りが言うことを聞かないので、手が出たり、ののしったりして
  しまう。

 □ 言うことを聞かないので、口をきかないようにしている。

 □ 介護や世話がたいへんなので、世話をしない。

 □ 良いこと悪いことを分かってもらうため、叩くなどして躾をしている。

 □ 認知症(痴呆)により徘徊するので、部屋に閉じ込めている。

 □ 認知症や寝たきりのお年寄りがいて、外聞が悪いので外出させな
   かったり、本人を訪ねてくる人があっても会わせないようにしている。

 □ 年金手帳、預金通帳などを管理し、本人に無断で使っている。

 □ 経済的に苦しいので、病院へ連れて行くことを控えている。

 □ 人前でおむつを替える。

 □ 下半身を裸にしたまま放っている。


 これらは、高齢者との対応で、気をつける必要がある例です。
 チェックが付いた方は、今後の介護や世話について、
 各市町村高齢福祉主管課や地域包括支援センターに相談しましょう。
 知らず知らずのうちに不適切な対応になっていないか・・
 ときどきチェックしましょう

≪ 1 高齢者虐待とは・・・その② ≫へ続きます

【 マタニティマーク 】を見かけたら・・・

2006年7月28日 株式会社ヘルスケア

 先日(7月26日付け)
 厚生労働省より、

 『 鉄道事業者へのマタニティマーク配布 』
 (詳しくは厚労省のお知らせをどうぞ!)
マタニティマーク


 が、報道発表されました。

 鉄道利用の際のお客様の声に応え、
 鉄道の利用環境向上を目指したアイディアだそうです。


 8月1日より各鉄道事業者で開始されます

 夏休みが始まり、お出掛けがする機会が増えます。
 鉄道利用される際には、周囲を見渡し、
 心優しい配慮をしたいものですね